幼児・子供から大人のための英会話〜英会話教室MLS

MLSとの出会いが、
私の人生を変えました

MLS卒業生 hitomiさん

人生を変える出会い

 13歳の時「何か楽しいことないかなぁ…」と、
自分が輝ける何か、自分の目標を探していた時にMLSと出会いました。
この出会いが、私の人生を変えたと思います。

 MLSで、エネルギーの固まりのような熱いスタッフと出会い、
学校や塾とは全く違った、まさしく「体で覚えるEnglish」に出会いました。
そして英語劇の発表会に向けて、クラスメイトや講師との間に生まれる一体感は、
何者にも代えがたい経験となりました。
「楽しいこと」を探していた13歳の私は、
輝いてエキサイティングな自分の目標を見つけたのです。
その当時は、病気で学校を休んでも、
MLSだけは行くと言うくらい「ハマって」いる状況でした。

「英語しか使えない環境」を楽しむ

 初めてMLSに入った頃は、正直まだ英語が全く分かりませんでした。
それでも初めて参加した英語劇の台本は、自然に全部覚えてしまいました。
文法など「学校で習う英語」は苦手だったのに、
MLSのレッスンが楽しいから、劇が好きだから、
覚えることができたのだと思います。
また「違う国の人とコミュニケーションしたい」
という気持ちが芽生えたのも、MLSのおかげです。
普通の日本人は「文法は得意だけど会話は不得手」という人が多いと思いますが、私はむしろ「文法より会話が得意」。
これもMLSで「英語しか使えない環境」を楽しめていたからだと思います。

ニューヨークで支えになったMLS

 高校時代は、オーストリアへの交換留学生に選ばれ、
現地でのホームステイを経験しました。
帰国後に日本の大学に進みましたが、周りが「特にやりたい事がない人」ばかりで…
正直ずっと物足りない気持ちを抱えていました。
何か自分に刺激を与えたくて、大学を3ヶ月休学して、
ニューヨークにミュージカル鑑賞に行きました。
そこでまたニューヨークという街の持つ「大きなエネルギー」に引っ張られ、
結局住処を移すこととなり、気がつけばもう33年になります。

 当時のニューヨークは、今よりもっと危険な場所でしたが、
MLSの先生から「Hiromiの先輩がニューヨークにいるから、
連絡を取ってみなさい」と紹介され、その先輩の存在が大きな支えになりました。
先輩とは、実はそれまで一度も会った事がなかったのですが、
「MLSの仲間なら」と、とても良くしていただきました。
当時の私は、ニューヨーカーの聞き取りにくい英語に苦労し、
また危険な環境の中で精神的にも不安定になっていたところで、
本当にありがたく思っています。このご恩を返すためにも、
皆さんがニューヨークに来られるときには、私を頼っていただけると嬉しいです。

「生きた英語」の環境は、人生を変える

 あの頃MLSに出会えていなかったら、
ニューヨークで会社を興すことなど、考えることもなかったでしょう。
実はニューヨークに着いたばかりの頃、英語で会話しているとき、
「あ、今のフレーズ、MLSの発表会で言ったセリフにあったあれだ!
いま実際に使ってる!」と、一人で密かに感動したりしていました。
「生きた英語」の環境は、
今では義務教育でも当たり前になって来ていると思いますが、
子供の頃に英会話の基礎を身につけて、
英語を「好きになるきっかけ」を作ってあげる事は、
お子さまへの最高のプレゼントではないかと思います。

 世界の共通言語である英語を話せるおかげで、急に世界が小さく見える。
そんなきっかけをくれたMLSには、本当に感謝しています。

MLS卒業生 hitomiさん

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩